お客様に読み込んでもらえる プロフィール文章のコツ

実は、売り込みをしなくても

これを充実させると

自動的にサービスをおススメできるツールが「プロフィール画面」

アメブロのプロフィール画面を

しっかりと書いておくことはとても大切です。

このプロフィール画面は

検索で、とーっても上に登ってきやすいので

この文章を充実させておくと

この文章を読んだだけで

お申し込みにつながることもあります。

よくプロフィールを

履歴書のような形式で書いている方がいらっしゃいます。

これ、ですね。

この履歴書の「職業欄」のような形で

書きこんでいる方が多くいらっしゃるのですが

これだと、とってもソンしていて

お客様からスルーされちゃう可能性大(^^;)

なぜだと思いますか?

だって、読者さんは

「悩んでいる人」

悩んでいる人が読みたいのは

「履歴書」ではありませんよね。

読者さんが読みたい内容が

しっかりとプロフィールに書かれていることが

重要なんです

じゃあ、読者さんに読みこんでもらえる

プロフィールのコツとは、どんなことだと思いますか?

読み込んでもらえるプロフィールのコツ



一番心がけたいのは

あなたが過去に悩んだこと

困ったこと、辛かったことなどを書き

そこからどうやって復活していったのか

その経緯を丁寧に書いていくことです。

悩んでいる人

この部分に共感し、克服した経緯を知りたいと思っているからです。

どん底から復活していく様子も、丁寧に書いていきましょう

読み手は

そうして、(自分も同じようになりたい・・・!)と感じてもらえた時

あなたのお客様になってくださる可能性が出てくるんです。

そして最後に、今やっているカウンセラーのお仕事内容の
詳細について書きます。


こんな感じで書いていくといいですよ^^

こうやって書いておくと「売り込まれている」とは感じられないですし

あなたを知り、共感し、自然にクライアントになってくださいます。

セールスが苦手な人でも、

これならできそうじゃないですか??(^O^)

ぜひプロフィール欄を見直してみてくださいね。

ブログに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP