ブログを書くのが怖い・・・そんなあなたへのマインドリセット法

カウンセラーにとって、ブログや大きな集客ツールの一つ!

これなしでカウンセリングを仕事にするって、私的には考えられないくらい、大事なツールです。

ですので、私のクライアントさんには必ず

カウンセラーブログ構築の仕方を学んでいただいています。

でも、いざブログを書こうとすると、いろんな不安が出てくるんですよね。

例えば、こんな感じ。

・知らない人から批判されるのが怖い。

・自分は正しいと思っているけれど、間違った情報として認識されたらどうしよう

・自分が書く情報は、もうすでに他の人が書いていることもあるから
 今更書いても…と思うと、手が止まる。

以前、こちらの記事でも書かせていただいたのですが

「知らない人から叩かれるのが怖いです」

特にこの理由が、一番あるあるなんじゃないかな~と思いますね。

記事を書くのが怖くなった・・・!

そのマインドのままでは誰でもストップしちゃいますよね。

そんな時、そうやってマインドセットしたらいい?

今日はリセット方法のお話です^^

本当に「ジャッジ」されるの?

「叩かれるのが怖い」という不安を感じて、動きが止まってしまうのは

多くの場合、まだ「起業の水」に慣れていないころ、が多いですよね。

いろんなことが心配になったり、怖くなったり・・・。

それって初期のころに、特に強く感じるものですよね。

でも、(いい意味で)初期の頃って、思ったより人の目に留まらないんです(爆)

叩かれるようになる=「認知された(人気が出た)」証拠

そう言われるくらいなのですから^^

だから(叩かれるかもしれない)って、思わなくていいんです。

もし叩かれたら、どうする?

「そうは言っても、りこさん。

世の中にはいろんな人がいるのだから

たまたま目にした人が糾弾してくることだってあるんじゃないですか?」

そんな声が聞こえてきそうです^^

確かに、その可能性も0ではありません。

じゃ、どうしたらいいでしょうか??

ひとつは「そういう人も世の中にはいるのだから、今この経験をしたことで
将来同じようなことがあった時には対応できる」と思ってみましょう。

「とても勉強になりました。ありがとうございます!」のように
学びの場としてとらえてみる、というのも一つですね。

カウンセラーをお仕事にする場合、クライアントさんになる方は
とても傷ついていたり、つらい思いをしていたりしていて

はっきり言って「どん底」にいらっしゃる方ばかり。

そんな方が、ブログを読んで、その内容に過敏に反応することだってあるでしょう。

星の数ほど人はいるのだから、クレームや反論は、どうしても避けることができないものなのです。

だったら、それを「文句」とするのではなく

「今後の学びの場」にしていくのは、とても大切なことだと思いませんか?

でもね。

ここでちょっと考えていただきたいんです。

なぜ、その方は【怒り】を感じたのでしょう・・・?

もしかしたらその人は「すごく困っていた人」だったかもしれません。

似たようなことで傷つきすぎて、他の考え方を取り入れる余裕がなかった人なのかもしれません。

そういったこころの目で、ネットの向こう側にいる「その人」をイメージしてみてください。

目を閉じて、そうイメージしてから

改めて、その「クレーム」を読んでみてください。

いかがでしょうか?

クレームをつけているその人に対してのイメージに変化がありませんか?

そして、もし、お返事をするのなら

ダイレクトにクレームに対して返信するのではなく

相手に対してのイメージを変えてから、お返事してみてくださいね。

もしかしたら、その人は、あなたのファンになってくださるかもしれませんよ^^

実は、私は以前、ブログのコメント欄にクレーム(?)を送ってこられた方に対して
その方がなぜそう感じたのかをイメージしながら
個別に対応したことがあるのですが

その後、私のブログの読者さんになってくださり
継続セッションまでつながった方がいらっしゃいました。

私の経験上、「怒っている人は、困っている人」なんです。

そう思うと、クレームもだんだん怖くなくなっていきますよ^^

https://www.reservestock.jp/subscribe/108066/133270

具体的に改善点を知りたい方は、こちらがおススメ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP