「子どもが不登校になっています」~起業する上で大事なこと~

私のクライアントさんは、女性で主婦の方が大半なのですが・・・。

私は起業支援プロデューサーですが、カウンセラーでもあるので

起業のコンサルをしながら

カウンセラーとして、クライアントさんのマインドセットもさせていただくことがあります。

で、先日、こんなご相談がありました。

「りこさん。起業を考えているのですが、実は子どもが不登校になってしまったんです。

学校に行きたくないと、家にずっといる子どもを見ながら

私、こんなことしていていいんだろうか・・・と不安になります。

それよりも、もっと子どもと一緒にいて、100%向き合ってあげたほうがいいのかと思うけれど

でも、仕事をあきらめたくない気持ちもあって。

予想外の「子どもの不登校」に、どう向き合ったらいいのかわからないんです」

母親にとって、一番つらいのは「子どもに何かあった問題」

病気だったり、いじめだったり、不登校だったり・・・。

子どものことって、自分のことよりもずっと辛くありませんか?


そういう問題があるとね。

どうしても
「自分のことだけ考えていられなくなる」んですよね。

なので、これからどうしたらいいんだろう・・・。

起業も、このまま進めていってもいいのかな・・・?

そう悩むお気持ちも、すごくよくわかります!


でもね。

「不登校のお子さん」がいらっしゃる場合一番大事なことは何だと思いますか?

それは・・・。

「お母さんが、お母さんの毎日を充実させていること」

「お母さんが生き生きとしていること」なんです。

不登校になっている子が一番求めていることって

「自分が不登校になっている現実を、理解してもらうこと」

不登校になったのは、不登校になった「その子なりの理由」があります。

そこを「わかってあげること」なんです。

(親だったら当たり前の感情かもしれませんが・・・)
その子を未来を考えると、できれば、学校にはちゃんと行ってもらいたいと思いますよね。

でも、「不登校」という事実を認めて受け入れてあげるのは
お母さんのこころに余裕がないと、なかなかできることじゃあありません。

お母さんの心の余裕は
「自分自身を安定させていくこと」で、できあがっていくもの。

お母さんが、「やりたいことで起業したい!」という思いがあるのなら
そこに向かって頑張るお母さんの姿は、後々、お子さんの大きな「糧」になっていくかもしれません。

「あなたがやりたいことをやる」=「子どもの今の状態から目を背ける」
ではありませんよね^^

お子さんの苦しい「今」を、こころから理解し受け入れてあげること

そのためには、あなたが、お子さんを理解できる「心の余裕」を持つこと

そのために、やりたいことはやりましょう!

妻や母として「以外」の、あなたの毎日を充実させていきましょう!!

https://www.reservestock.jp/subscribe/108066/133270

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP