• 通信教育のメリットとデメリットについて

    2020年9月28日

    カウンセリングをお仕事にしたいとき


    多くの方が
    「カウンセリングを学ぶ」ということを
    されると思うのですね。




    今日は、多くの方が使われている
    「通信講座」について
    考えてみたいと思います。


    通信講座のメリットとデメリットについて


    ①通信教育のいいところ

    【手軽にできる】


    通信教育はオンラインでも
    受講できるところがほとんどなので
    地方に住んでいても
    簡単に受講することができます。


    通学だとどうしても
    時間が制限されてしまうので
    近くでないと通えないことも多いですね。


    (今はコロナで難しいですが)


    東京のような大都市ならともかく
    私のような田舎に住んでいる者にとっては
    なかなか通学ってできません。


    そんな時、通信教育は
    とても魅力がありますよね。



    以前、私も通信教育で学んでいたのですが
    日中保育士の仕事と
    家事の後時間を見つけて
    勉強していた時期があったのですが


    自分のペースでできたので
    無理なく進めることができました。


    【費用が安い】

    まだまだ勉強中の人にとって
    費用が安いこともとってもありがたいですね。


    自分がまだ知らない領域のことを
    低価格で学べるのは


    学んだことの充実感も味わえ
    資格が取れることが
    一つのモチベーションになりますから


    これから学びたい人の入り口としては
    とてもいいですよね。




    ②通信教育のデメリット


    【カウンセリングの実践の場がない】
     
    一般的に通信のカウンセラー養成講座は
    カウンセラーのノウハウを「机上で」学ぶ場。


    なので、実際学んだことの
    実践をする機会が、圧倒的に少ないです。


    ロールプレイングを設けているところもありますが
    実際のところそれだけの経験値では
    カウンセリング実践としては全然足りません。


    なので、自分でカウンセリングの場を
    開拓していかなくてはいけないこと。


    経験値が浅いので
    実際のカウンセリングになると
    うまくお話を繋げられなかったり


    適切なお話が出来なくて
    カウンセリングがストップしてしまう・・・
    なんてこともあります。


    私は当時通信教育と
    通学教室の両方通っていましたが


    名古屋で学んだ養成講座では30件以上
    仲間同士で体験セッションができましたし


    その後、ブログでモニターを獲得し
    合計100件近くの
    無料セッションができましたので


    実際にカウンセラーとして起業してからも
    セッションで困ることはありませんでした。


    ですが、伺うのは通信教育だけ受けた方の
    多くがこの「経験値」が少ないことが
    足かせになっていることが多いですね(;’∀’)


    なので、通信教育が向いているのは


    すでに起業している方で
    基礎を確認したいとか
    心理学の知識を深めたいとか
    そういった方が向いていると思います。


    実際のところ、正直申し上げて


    通信教育を受けただけで
    実際のカウンセリングセッションの経験なしで
    起業するのはかなり無理があります。



    ですので、できるだけ実践ができる場を
    作っていくようにしてくださいね^^



    カウンセリングの経験が
    思うようにできなくて困っているのなら


    こちらでお力になれると思いますよ^^

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★