• 仕事を辞めて起業するのって、怖くない?

    2020年9月25日

    6年前。
    長年勤めていた保育士を辞めて
    カウンセラーとして起業しました。

    その当時、私の友人知人たちは
    みんな一様に
    かなりびっくりした様子で

    「え!起業!?りこが!?マジ!?」

    かなり「露骨」に
    驚かれたものです(笑)




    家族は、私が
    カウンセラーの勉強を始めた頃から
    もしかしたら
    こういう仕事をするのかもしれないと
    思ってはいたようでしたが


    いざ、独立するとなったときには


    「正直、本当に起業するとは
    思ってなかった」と
    夫から言われたくらい(^_^;)


    そのくらい、私の起業は
    「寝耳に水」だったたようでした。


    で、その時
    友人にこう言われたんですね。


    「ねえ、りこって勇気あるね。
    起業するのって、怖くなかったの?」って。



    いやいやいや~。


    そりゃあ
    全く怖くなかったとは言わないですよ。


    もともと「100%自分に起業は無理!」って
    思ってましたからね。


    正直、怖さはありました。


    じゃあ、どうやってその怖さを超えて
    起業できたのか・・・。


    今日はそれを書いていこうかと思います^^


    =実は、怖さを
    克服したわけじゃない=



    実は「怖い」っていう感情を克服したから
    起業できたわけじゃないんですね。


    今も、「怖い」は持ってるんです。


    なかなか思うように結果が出ないとき


    クライアントさんにちゃんと
    向き合えなかったとき


    ブログ記事が全然書けないと感じたとき


    いろんなときに、いろんな形で
    「怖さ」は感じています。



    私はとても臆病でチキンちゃんなので
    もしかしたら、人よりもこの「怖い」を
    感じやすいのかもしれません。



    実は今、この記事を書いているときも
    実はちょっと怖かったりします(笑)


    (私が書いてるこの記事
    本当に読んでくれる人がいるのかな・・・)
    (この文章が
    本当に誰かのお役にたつことができるのかな・・・)


    正直に言うと、そう思ってる自分が
    いるんですよね(^^;)


    でも、その怖さを感じたとき
    必ずやっている「あること」があるんです。



    それをやっていくことで
    怖さを解消しながら物事を進めてるだけ


    だから、決して
    「怖さを感じない」訳ではないんですよね。


    =怖さの中身を知ろう=




    「あなたはなぜそれが怖いのか」


    何かを「怖い」と感じている時
    あなたのこころはどんな状態になっていますか?


    「よくわからないけど、何となく怖い」
    こういう時は
    「オバケを怖がっているのと同じ」
    正体がわからないから怖いんですよね^^


    起業する=体験したことのない未知の世界
    「だから、怖い」


    ということは・・・


    「正体がわかれば、怖さは半減する」
    ということ^^



    何に怖がっているんでしょうね?


    まずは、何に怖がっているのかを
    しっかりと洗い出してみましょう。


    この時に気をつけなければいけないのは


    「ただ漠然と
    頭の中で考えるだけでとどめておかないこと」


    ちゃんとノートやメモ帳などに、
    「書き出してみること」です。


    書き出すことで
    視覚的にみられる状態にすることは
    実はとっても重要で


    それをすることによって
    自分がどんなことで怖いと思っているのかを
    「俯瞰してみることができる」んですね。


    これをやるのとやらないのとでは、大違い!


    あなたの「脳」が、感情に支配されず
    冷静に、現状を観察できるような
    「状況にする」んです^^


    そうすれば、「怖さ」の正体がわかるので
    「何となく怖い」という状態から
    抜け出すことができるようになります。


    =思い込みや勘違いを怖がってない?=


    どんな理由で怖がっているかわかっても
    怖さが軽減されない・・・。


    そんなこともあるでしょうね。


    例えば

    「安定しなかったらどうしよう?」とか
    「起業のやり方がわからない」とか
    「お金ばっかり使っちゃって、赤字になったらどうしよう」とか
    「知らない人に匿名で傷つけられたら辛い」とか・・・。



    (あ。ちなみに、これらは全部、私が思ってたことです)


    でも、これも実は同じことで


    「不安の理由がわかっていても
    頭の中でリフレインしているので
    全然客観視できていない」んです。


    結局、不安という感情のほうが勝ってる。


    これは、すべて
    「感情に支配されている」証拠。


    波打ち際にいて
    ざばーーーーっと波が来た状態で
    あっという間に波にさらわれるイメージ。


    「感情という波に
    自分を丸ごと持っていかれてる」状態ですね。


    そして・・・。
    思いっきり、勘違いをしています(笑)


    「安定しなかったらどうしよう?」
    「起業のやり方がわからない」
    「お金ばっかり使っちゃって
    赤字になったらどうしよう」
    「知らない人に匿名で傷つけられたら辛い」


    こういった、不安の理由が
    すべて現実化すると
    信じ込んでいる勘違い^^



    こういう不安って
    実はすべて「解決策」があります。


    でも、解決策は必ずあるのに
    それをクリアにできる
    自分を信じられないので
    不安感情に自分を丸ごと
    持っていかれちゃうんです。


    あれ・・・・?
    私、不安に感じてるなあ・・・。


    まず、そこに気が付いてください。


    そしてもしかしたら
    私がそう思い込んでるのは
    勘違いかもしれない



    まずは、その視点に
    立ってみてくださいね。


    すぐに信じられなくてもいいですからね^^